丸山地区(福岡県北九州市)

事業地区一覧へ

▪ 地区概要
当地区は、皿倉山の山裾に位置し、官営八幡製鉄所の創業とともに、大正期から道路が未整備のまま、急速に宅地化された斜面住宅地である。このため、生活道路は、狭あいで長い階段や坂道が主であり、高齢者等の身体的負担が大きく、緊急車両の進入や車による福祉サ―ビスの利用も困難であった。このような状況を改善し、「高齢者にも住みやすく、次世代に引き継がれるまち」になることを目指して、「部分修復型」の整備手法により住環境事業を実施した。
▪ 所在地
福岡県北九州市八幡東区
▪ 地区面積
約24ha
▪ 事業期間
平成12年度 ~ 平成24年度
▪ 主な整備等
新設道路3路線、既設道路の改善、広場・緑地の整備、コミュ二ティ住宅の整備、エレベーター4基

整備地区計画図

コミュ二ティ住宅建設

住宅密集地を解消し、コミュ二ティ住宅の建設により良質な市街地住宅を供給。

  • ●整備前の様子

  • ●整備後の様子

道路の新設や既存生活道路の整備

消防車等の緊急車両の寄り付きが容易になるとともに、防災性や生活利便性が向上。

  • ●整備前の様子

  • ●整備後の様子

pagetop